手描きアニメーションはこちら>>クリック!

Filmoraで簡単エクスポート!保存方法や出力形式についても解説

Filmoraは、直感的で使いやすい動画編集ソフトとして、多くのユーザーに支持されています。

動画編集の最後のステップとして重要なエクスポートは、プロジェクトの品質を保ちつつ、適切な形式で保存するために欠かせません。
この記事では、Filmoraでのエクスポート方法について、設定手順や保存形式の選択、さらにエクスポート時のトラブルシューティングまで、わかりやすく解説します。

\ 無料で試せる /

目次

エクスポート前の準備:プロジェクトの保存

Filmoraでプロジェクトをエクスポートする前に、まずプロジェクトを保存することが重要です。
プロジェクトの保存は、作業内容を失わないための基本的なステップです。

特に大規模な編集作業を行っている場合や、長時間にわたる編集セッションでは、定期的にプロジェクトを保存することが推奨されます。

 プロジェクトの保存手順

STEP
プロジェクトの名前を付ける

最初にプロジェクトに適切な名前を付けましょう。
名前を付けることで、複数のプロジェクトを管理しやすくなり、後で見つけやすくなります。

STEP
保存先を指定する

プロジェクトの保存先を指定します。
デフォルトでは、Filmoraはプロジェクトをシステムの指定フォルダに保存しますが、必要に応じて保存先を変更することもできます。

外付けハードディスクやクラウドストレージを利用すると、データのバックアップが簡単にできます。

STEP
保存頻度の設定

Filmoraには自動保存機能があり、定期的にプロジェクトを自動で保存してくれます。
この機能を有効にしておくと、万が一の際にも安心です。

自動保存の頻度は、設定メニューから調整できます。

STEP
手動での保存

自動保存に加えて、重要な編集を行った後やエクスポート前には手動でプロジェクトを保存することをお勧めします。
「ファイル」メニューから「保存」を選択するだけで簡単に保存できます。

これらの手順を守ることで、編集した内容を確実に保持し、安心してエクスポート作業に移ることができます。

Filmoraで動画をエクスポートする手順

Filmoraで動画をエクスポートする手順
  • 「エクスポート」をクリック
  • 出力形式などのエクスポート設定をする
  • ファイル名や保存先を指定し、エクスポート

Filmoraで動画をエクスポートする手順は上記3ステップとシンプルで、初心者でも簡単に行えます。
まず、編集を終えたプロジェクトをエクスポートする前に、必ずプロジェクトを保存しましょう。

ここから手順を詳しく解説していきます。

 Filmoraで動画をエクスポートする手順

STEP
「エクスポート」をクリック

画面上部の「エクスポート」ボタンをクリックします。

STEP
出力形式などのエクスポート設定をする

エクスポート設定のウィンドウで、出力形式や品質、解像度などを設定できます。
特に出力形式は、MP4、AVI、MOVなど、使用するデバイスや目的に応じて選択可能です。

一般的には、MP4形式が最も広く使われており、多くのデバイスで再生できます。

STEP
ファイル名や保存先を指定し、エクスポート

設定が完了したら、保存先を指定し、ファイル名を入力します。
これで「エクスポート」ボタンを再度クリックすると、エクスポートが開始されます。

エクスポートの時間は、動画の長さや設定した品質によって異なりますが、一般的には数分から数十分程度です。

エクスポートが完了すると、指定した保存先に動画ファイルが生成されます。
これで、様々なデバイスで動画を楽しんだり、SNSにシェアしたりすることができます

\ 無料で試せる /

DVDに書き込みたい!という方はこちらの記事で詳しく解説していますので、参考にしてください。

Filmoraのエクスポート設定

エクスポート設定の調整
  • フォーマット(動画ファイル形式)の選択
  • 品質と解像度の設定
  • フレームレートとビットレートの設定

Filmoraのエクスポート設定は上記3つです。
ここからそれぞれについて詳しく解説します。

フォーマット(動画ファイル形式)の選択

Filmoraで動画をエクスポートする際には、まずフォーマットの選択が重要です。
フォーマットとは、動画ファイルの種類や形式のことで、視聴するデバイスや配信先によって適切なものを選ぶ必要があります。

例えば、YouTubeにアップロードする場合はMP4が一般的で、家庭用DVDプレーヤーで再生するにはDVD形式が適しています。

Filmoraでは、MP4、MOV、AVIなど多様なフォーマットを提供しています。
エクスポートするフォーマットを選択することで、動画の品質や互換性を最適化できます。

さらに、各フォーマットには解像度、フレームレート、ビットレートなどの詳細な設定も可能です。

特にMP4形式は、ほとんどのデバイスで再生可能であり、ファイルサイズも比較的小さいため、最も汎用性の高いフォーマットです。
MOVはApple製品との互換性が高く、高品質な映像を提供します。
AVIは編集がしやすく、特定のソフトウェアとの互換性が高い特徴があります。

フォーマットを選択する際には、動画の用途や再生環境を考慮し、最適な設定を行うことが重要です。
これにより、視聴者に最適な体験を提供できるようになります

品質と解像度の設定

Filmoraで動画をエクスポートする際に、品質と解像度の設定は非常に重要です。
これらの設定は、最終的な動画の見栄えや再生時のパフォーマンスに直接影響します。

品質の設定

品質設定では、動画の詳細度やシャープネスを調整できます。
一般的に、高品質設定はよりクリアで詳細な映像を提供しますが、ファイルサイズが大きくなるというデメリットがあります。

低品質設定はファイルサイズを抑えることができますが、映像のクオリティが劣る可能性があります。
プロジェクトの用途に応じて適切な品質設定を選びましょう。

例えば、ウェブでの共有やSNSでの公開の場合、中品質でも十分な場合がありますが、商業用や大画面での再生を考えるなら高品質を選択することをお勧めします。

解像度の設定

解像度は、動画の縦横のピクセル数を決定します。
一般的な解像度には、720p(HD)、1080p(フルHD)、そして4Kがあります。

高い解像度は、より鮮明な映像を提供しますが、処理負荷が高く、エクスポートに時間がかかることがあります。低解像度は、処理が速く、ファイルサイズも小さくなりますが、特に大画面で再生する際に画質が劣ることがあります。

適切な品質と解像度のバランスを見つけることが重要です。
プロジェクトの最終用途や視聴者のデバイスを考慮し、最適な設定を選択してください​。

フレームレートとビットレートの設定

Filmoraで動画をエクスポートする際、フレームレートとビットレートの設定は非常に重要です。
これらの設定を最適化することで、エクスポート後の動画の品質が大きく変わります。

フレームレート

フレームレート(FPS: Frames Per Second)は、1秒間に表示される画像の数を示します。
標準的なフレームレートは30FPSですが、アクションが多いシーンやスローモーション映像には60FPS以上が推奨されます。

高いフレームレートは滑らかな映像を提供しますが、ファイルサイズも大きくなります。

ビットレート

ビットレートは、動画の品質とファイルサイズに直接影響を与えます。
高ビットレートでは高品質の映像が得られますが、ファイルサイズも大きくなります。

逆に、低ビットレートではファイルサイズは小さくなりますが、映像の品質が劣化する可能性があります。
例えば、YouTubeにアップロードする場合、推奨されるビットレートは1080pの動画で8Mbpsです​。

これらの設定を調整することで、エクスポートする動画の用途やプラットフォームに応じた最適なバランスを見つけることができます。
適切な設定を選ぶことで、視聴者に最高の映像体験を提供することが可能です。

\ 無料で試せる /

エクスポートできない原因と対策

Filmoraでエクスポートできない問題は、さまざまな原因が考えられます。
ここでは、一般的な原因とその対策について説明します。

システムの互換性

まず、Filmoraのバージョンが使用しているオペレーティングシステムと互換性があるか確認しましょう。
最新版のFilmoraをインストールし、システム要件を満たしていることを確認することが重要です。

ソフトウェアの更新

Filmoraのエクスポート問題は、バグや不具合によることがあります。
ソフトウェアが最新のバージョンに更新されていることを確認してください。

公式サイトから最新のアップデートをダウンロードして適用しましょう。

ストレージの空き容量

エクスポートする際には、大量のディスクスペースが必要です。
PCのハードドライブに十分な空き容量があるか確認し、不要なファイルを削除することで容量を確保します。

コーデックの問題

使用している動画コーデックに問題がある場合、エクスポートがうまくいかないことがあります。
Filmoraでは、適切なコーデックを選択するか、他の形式に変換してみることを試みるとよいでしょう。

設定の見直し

エクスポート設定が高すぎると、システムが負荷に耐えられず、エクスポートが失敗することがあります。
解像度やビットレートなどの設定を適度に調整してみてください。

これらの対策を試みることで、多くの場合、エクスポート問題は解決するでしょう。
それでも解決しない場合は、Filmoraのサポートに連絡し、具体的なアドバイスを求めると良いでしょう​。

Filmoraのエクスポートに関するQ&A

パソコンを見ながら考えている女性の画像
Filmoraのエクスポートに関するQ&A
  • エクスポートにかかる時間はどれくらい?
  • 編集途中でも保存はできますか?

Filmoraのエクスポートに関する主なQ&Aは上記2つです。
ここからそれぜれについて詳しく解説していきます。

エクスポートにかかる時間はどれくらい?

Filmoraでのエクスポート時間は、いくつかの要因に依存します。

 エクスポート時間を左右する主な要素

  • 動画の解像度、長さ
  • エフェクトやトランジションの数
  • エクスポート設定(ビットレートやフレームレートなど)
  • お使いのコンピュータの性能(CPU、GPU、RAM)

などが挙げられます。

一般的に、短い動画や低解像度の動画は比較的早くエクスポートが完了します。
例えば、2分程度のフルHD動画であれば数分でエクスポートできることが多いです。

しかし、4K解像度や特殊なエフェクトを多用した長い動画では、エクスポートに数十分から数時間かかることもあります。

エクスポート時間を短縮するためには、以下のポイントに注意することが重要です。

  • 動画の解像度とビットレートを適切に設定する:高すぎる設定はエクスポート時間を延ばすだけでなく、ファイルサイズも大きくなります。
  • お使いのPCのリソースを確認する:CPUやGPUが強力なほど、エクスポートは高速になります。また、バックグラウンドでの他の作業を減らすことで、エクスポートの速度を向上させることができます。
  • Filmoraの設定を最適化する:GPUアクセラレーションを有効にするなどの設定を行うことで、エクスポート速度が向上することがあります。

    これらのポイントを抑えることで、効率的なエクスポートが可能になります

    編集途中でも保存はできますか?

    Filmoraでは、プロジェクトの編集途中でも保存が可能です。これは非常に便利な機能であり、作業を中断する必要がある場合や、定期的にプロジェクトをバックアップしたい場合に役立ちます。プロジェクトを保存するには、以下の手順に従ってください:

    1. メニューバーから「ファイル」を選択: メニューバーの左上にある「ファイル」メニューをクリックします。
    2. 「プロジェクトを保存」を選択: ドロップダウンメニューから「プロジェクトを保存」または「プロジェクトを名前を付けて保存」を選択します。
    3. 保存先とファイル名を指定: 保存先のフォルダとプロジェクトのファイル名を指定して保存します。これで、編集途中のプロジェクトが保存されます。

    さらに、Filmoraは自動保存機能も搭載しており、設定によって一定時間ごとにプロジェクトを自動的に保存することができます。これにより、万が一のシステムクラッシュや予期せぬトラブルが発生した場合でも、直前の作業状態を復元できます。

    このように、Filmoraでは編集作業の途中でもプロジェクトを簡単に保存できるため、安心して作業を進めることができます。

    Filmoraに関する記事一覧

    Filmoraの使い方に関して、他にも下記記事で解説しています。こちらもぜひ参考にしてください。

    Filmoraの使い方

    Filmoraの料金・プラン

    Filmoraの解約方法

    Filmoraの小技集

    Filmoraの口コミ

    Filmora Weddingの使い方

    まとめ:Filmoraでエクスポートするのは簡単!

    Filmoraでのエクスポートは、数ステップで簡単に行うことができますが、最適な設定を選ぶことで、動画の品質を最大限に引き出すことができます。

    出力形式の選択や品質設定、解像度の調整など、目的に合わせたカスタマイズが可能です。
    また、エクスポート時のトラブルシューティングを知ることで、スムーズな動画制作が実現します。

    Filmoraを活用して動画を作成し、シェアしてみてくださいね。

    \ 無料で試せる /

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    目次